仙台の不動産の節税策は相談できる?

投稿者:

仙台で不動産関係の税金を計算したり、払うときなど、節税について興味が出てきますよね。
税理士にはこのような相談もできます。
実際に相談し、意識的に税額を抑えている方も多いですよ。

この相談の結果、税理士から勧められることが多いのは、青色申告の利用ですね。
これを使うと所得税をかなり抑えられます。
不動産を賃貸として運用しており、その所得税で困っているときなど、よく勧められますね。
これを使うと申告方法が少し複雑になるのですが、その代わりに特別な控除が追加され、不動産で得たとみなされる所得が少なくなるんです。
税金の計算の元になる課税金額が少なくなるため、所得税も少なくなるんです。
どれくらい少なくなるかというと、最大で65万円ですね。
その不動産の運用にかかった経費を抜いた収入金額から、さらに最大で65万円を差し引けますから、それだけ所得税も少なくなります。

また、この青色申告の効果は、厳密にいうと、その不動産で得たとみなされる所得を減額するというものです。
その不動産の持ち主の住民税や健康保険税などは、前年の所得に応じて計算されますから、青色申告により所得を減額できると、これらほかの税金の金額も抑えられます。
本業がほかにあり、勤め人などをしているとこの効果はあまり実感できないかもしれませんが、すでに定年退職しており、主に不動産収入で生活している方には、とても大きな節税効果になりますよ。
仙台で不動産を運用しているものの、その税金が重くて悩んでいるときなど、税理士へ相談するとこのようなアドバイスをもらえるんです。

また、この申告を確実に利用するためのサポートも受けられます。
少しご紹介しましたが、青色申告は特典が大きい代わりに、申告方法が少し複雑になります。
会計などに詳しくないと、この申告をするのは難しいでしょう。
その方法について税理士に相談すれば方法を指導してもらえますし、覚えられるか自信がなければ、その税理士まで手続き委託の相談もできます。
このように仙台で不動産の税金の相談をすると、単純な手続きの案内だけでなく、節税の相談にも応じてもらえます。