仙台の不動産取得で税理士に相談できること

投稿者:

仙台の不動産を取得したときに必要になる税金の1つが、不動産取得税です。
これの納税通知書が来る時期はバラバラですが、遅かれ早かれ通知が来て、払わないといけません。
これをただ払うだけなら簡単ですが、これには軽減措置があります。
これを払う前に、軽減措置を受けられるかどうか、その手続きはどうやるのか、税理士まで相談できます。

この軽減措置とは、不動産取得税の計算の元になる金額を減額するものになります。
その元になる金額とは、固定資産税評価額です。
不動産は現金と違って価値が一定ではないため、その価値を一定の基準で決めます。
その価値は現金にしていくらという表示になり、その金額に所定の税率をかける形で計算をします。
固定資産税評価額が高いほど、不動産取得税も高くなりますから、評価額を下げられる措置はとても節税になるんですね。
ぜひ利用したい措置でしょうが、これを利用するには対象となる条件を満たした上で、自分で届出が必要になる場合があります。
そこを税理士へ相談できます。

相談できる内容は、まず軽減措置の対象に入るかどうかといったことです。
たとえば新築住宅の場合、床面積が一定の範囲内に収まれば、この措置の対象になります。
本当にそうなっているか、税理士の方でもチェックしてくれますよ。

そして必要な届出についてもサポートを受けられます。
書類の作成代行や届出の手続きなどをやってくれますね。
これらサポートを受けられれば、不動産取得税が確実に減額され、とてもお得です。

また、過去に支払った不動産取得税の還付申請について、税理士まで相談ができる場合もあります。
軽減措置の対象になっている不動産を取得したとき、その軽減措置のことを知らず、すでに税金を払ってしまったときでも、あとから手続きすれば特例が適用され、払い過ぎになった税金を返してもらえます。
このような手続きも、税金の専門家となる税理士へ相談すれば確実です。
仙台での不動産の取得に関して、このようなことを相談できます。